ビタミンCサプリを摂取する時は配合成分に注目!

ビタミンCのサプリメントには合成された成分の場合と天然成分が配合された商品があります。一般的に、サプリメントの材料には天然の成分が使われているほうが、合成成分からつくられたものよりも優れています。
基本的には、サプリメントに配合されている成分は天然成分のほうがいいですが、ビタミンCは例外があります。ビタミンCの場合は合成成分のものでも特に問題は無く、天然成分の商品と同じように利用できるそうです。ビタミンの構造を考えた時に、合成成分でも、天然成分でも、同じものをつくることができるため、差があまりありません。他の栄養素の場合には、天然成分のものは構造が複雑になっており、合成して製造しても天然成分のものとは構造が全く別のものになってしまうのです。構造が複雑に出来ている多くの栄養素については、一般的に言われているように、天然成分のサプリメントの方が良いのです。構造が単純なら、天然のビタミンCと、合成のビタミンCが、見分けがつかないくらい似ているものを製造することも可能になります。動植物などの天然素材をサプリメントの原材料に用いる場合、アレルギー成分が含まれていたり、農薬が含有してしまうリスクがあることは、注意しておきたいところです。野菜や果物などの農産物から作られる天然成分のサプリメントの価格は、材料の費用が反映されて高額なサプリメントになる傾向があります。サプリメントの原材料が合成成分である場合、大量生産に適していますので、1個あたりの価格を安く抑えられます。ビタミンCのサプリメントを利用する時には、天然成分と合成成分のメリットやデメリットを理解した上で、購入するようにしましょう。 http://heartofflamefestival.com/