皮膚が弱い人必見!毎日の生活に潜むかゆみの元

アトピー性皮膚炎の人は、常にかゆみに悩まされています。
特にきついのは、夏と冬。冬の場合は乾燥で、夏の場合は汗で一気にアトピーが悪化します。
今回は、そんなアトピーの方に向けて、生活していくうえでの注意点を紹介していきます。


まず、アトピー性皮膚炎を治すためにはどんな方法があるのでしょうか?

まず簡単なのは「薬を使った治療」です。アトピーの人はほぼ確実に皮膚科に行き、お薬を貰っているのではないでしょうか。
あまりアトピーがひどくない人の場合は、市販のお薬で代用しているかもしれませんが…。

ただし『ステロイド』には注意が必要です。
ステロイドといえば、アトピーで悩んでいる人の必需品ですよね。
ステロイドを使うことで、ひどい痒みであっても抑えることができます。
ただし、使い続けると副作用が出ることも有名です。

ステロイドは非常に強いお薬です。
ステロイドを使うことで、皮膚が薄くなってしまうとも言われています。

そこまで注意をするべきことではないかもしれませんが…できるだけ使用は控えておくことがよさそうです。

また、アトピーを悪化させる要因を除去することも非常に重要となります。
例えば、花粉。
花粉症も簡単に言えばアレルギー反応です。アトピーも同様にアレルギー反応であり、花粉からかゆみが出てしまうと言ったこともあるのです。
花粉がたくさん舞っているときに布団を干してしまうと、花粉が布団にたくさんついてしまいます。
そのまま布団を取り込んでしまうと、寝るときに大変なことになります。

花粉が舞っているときは、布団を取り込むときにしっかり花粉を取り除いてあげることが重要です。
パンパンはたくのもいいのですが、そうすると布団が傷ついてしまいます。
最近では花粉を取り除くための布団掃除機もあるようなので、そちらを使ってみましょう。

また、ダニなどもかゆみが出る原因となりますので、アトピーの人はできるだけ布団のケアをしておくことを忘れないようにしましょう。

また、皮膚に対して優しく接してあげることも重要です。というのも、例えば熱いお湯に入るとき。
熱いお湯に入った場合は、気持ちがいいかもしれませんが…皮膚にとっては非常に強い刺激となります。
ぬるま湯の場合と比べて、熱いお湯になってしまうと、その刺激によってアトピーの痒みが出てきてしまうこともあるのです。
できれば熱いお湯に、そして長時間つからないようにしておきましょう。

痒みが出てくる一番の原因は『ストレス』です。
会社や学校でストレスはほぼ確実に溜まるものでしょう。
「あぁ…失敗してしまった…。明日会社に行きたくないなぁ…。」
そういったストレスからかゆみが出てしまうこともあります。

これに関しては仕方のないことかもしれません。
どんな人にも、ストレスは必ずあります。

できれば、熱中できる趣味を持っておきましょう。
「その趣味をすればストレスが解消できる!」そんな趣味を見つけておくのです。

体を動かす趣味であれば最高です。例えば「バドミントン」「テニス」なんてどうでしょうか。
体を動かすことは、そのままストレス発散につながります。また免疫力の向上にも繋がりますので、是非取り入れていきましょう。

また、アトピーを根本から治したい!ということであれば、アトケアプロを使ってみることをおすすめします。
アトケアプロは免疫力を高め、アトピーを改善するためのサプリメントとなります。

「サプリってなんだか怪しい」「効かないんじゃないの?」そう思う人もいるかもしれません。しかし、是非一度使ってみてください。
もちろん効果に個人差はあります。しかし、それはどのサプリ、そしてお薬にも言えること。
是非アトケアプロを使い、アトピーを根本から治療しましょう。

アトケアプロに関してはこちらのページをご覧ください。
参考:アトケアプロ購入前に確認すべきこと
アトケアプロについて詳しく書かれています。