クレーター状のへこみは目に付きやすい

にきび跡のクレーターを治すための方法について

クレーター状態のにきび跡ができた場合、どういった対応をとるといいでしょう?

クレーター状のへこみは目に付きやすく、メイクでも隠しづらいので、治療したい人は大勢います。

お肌のケアをしているのに、クレーター状の部分は治らないと、悩んでいる人は大勢います。

にきびの炎症が原因で、お肌の細胞がダメージを負ってしまった時に、にきび自体は治っても、皮膚は修復しきれなくなります。

皮膚を新しく作りだしてくれる部分に傷が残ることによって、皮膚を新しく作ることができなくなってしまいます。

お肌ににきびができると、気になって繰り返し指先でいじってしまうこともありますが、それは炎症を悪化させるだけです。

炎症がひどくなったり、化膿の範囲が広がったりしないように、にきびは触らないことが大事です。

小さなにきびのうちなら、お肌の新陳代謝を促すことで、にきび跡のクレーターを小さくすることが可能になります。

にきびができたり、にきび跡が残った場合も、不摂生を改善し、体にいい食事を摂って、睡眠時間はきちんと確保することが重要になります。

肌の保湿は、きれいな肌を保つためには重要なことなのて、化粧水はケチらずに使いましょう。

皮膚の再生に関わる真皮組織まで炎症が広がっている場合には、自宅でのケアは難しいです。

クリニックでにきび跡を診察してもらい、どんな治療法なら改善できるかを、専門の医師に判断してもらうと良いでしょう。

マイナビ薬剤師の満足度