引っ越す前から疲れてしまいました

神奈川のワンルームマンションから一戸建てに引っ越す際の事です。何しろ5.5畳のワンルームなので段ボールに荷物を詰めても置き場所がないので引っ越し業者にやって頂く事にしました。

梱包要員として女性のスタッフが2人でいらっしゃいました。終始無言で私は別に何もしなくて良いのですが、それも何だか体裁悪くて窓ガラスを拭いたりしていました。

すると「これはどうなさいますか」と聞かれたので、見てみたら栄養ドリンクが箱に入っているのをどうするか聞かれたのです。私は「持って行きます」と答えたのですが飲んで下さいと言ったと勘違いされてしまいました。ただもう一人の人が「違うのよ私達にではないの持って行くのよ」と間違いを訂正してくれました。

私は「1本ずつどうぞ」と何度言おうかと思いましたが、今更感じが悪いので黙っていました。なんだか気疲れしてしまって荷造りは頼むものじゃありませんね。そうこうしているうちにその方達はじきに作業が終わり帰られました。

まさか女性が2人で来るとは思っていませんでした。狭い部屋で私は若くもないのに1人でと思われたのではないか、今頃私の悪口を言っているだろうと疑い深く考えてしまいました。

だから私は本当は自分で出来るのなら頼みはしませんでした。実際に同じ思いをした人でないと分からないでしょう。

テレビドラマでも見た事がありますが、作業が終わったらお客様の悪口です。

私は大したこともしていないのに、どっと疲れが出ました。こういう事はもう2度と嫌ですね。

参考ページ:遠距離引っ越しを格安でしたいなら混載便を活用しよう
遠距離引っ越しを格安でするには?混載便を使った業者を見つけるのが近道です。