レーザー脱毛の毛根への効果

レーザー脱毛は効果の高いものになっていますが、そのように効果が高くなっているのはレーザーが毛根にまでしっかり働きかけるようになっているからになります。

レーザー脱毛のときに使用されるものはほとんどのものが毛に含まれているメラニンという黒い色素に吸収されるようになっています。それ以外にはほとんど影響を与えないから肌にはダメージを与えることなく脱毛できるようになっています。

毛にメラニンが吸収されていくと熱を帯びるようになります。その熱がさらに毛根にも伝わることによって毛を作り出している毛母細胞というところと毛乳頭にまで伝わることで熱で機能を破壊します。

とくに毛乳頭の破壊まですることで毛母細胞が再生できなくなります。だから、毛がまた生えてくることもほとんどなくなって永久脱毛となっています。そこまでしっかりと脱毛できるのが特徴となっています。

エステとかの美容脱毛では毛乳頭の破壊はできないからどうしてもまた毛が生えてくるようになります。そのために効果がレーザーと大きく差がついています。効果で考えるとクリニックでのレーザーを選びたいですね。

湘南美容外科クリニック神奈川